便利な居住形式

賃貸マンションを借りようとする場合には、できるだけそのメリットやデメリットを事前に知っておく方が何かと良いでしょう。 賃貸マンションのメリットはどんなところがあるでしょうか。まず住み替えが簡単なことです。これは引っ越しをしやすいと言う意味ですが、主人の会社で転勤となる場合や子供が進学した場合、実家の都合で引っ越さなくてはいけない場合などはとても便利です。 また賃貸マンションの土地や建物の価格が下がったときの影響が少ないことも挙げられます。賃貸マンションの家賃は土地の上がり下がりはあんまり関係なく、ずっと一定であることがほとんどです。もし家賃が変わる場合でも、建物自体が古くなった場合が挙げられます。

このように賃貸マンションには様々なメリットがあります。 ただメリットがある一方で、デメリットがあると言うことを知っておきましょう。 賃貸マンションのデメリットは、まず自由にリフォームをすることができないことです。本来、賃貸マンションというのは家賃払っているとはいえ、他人から借りたものですので、安易に家の中をいじる事は避けなくてはいけないことなのです。 これは、マンションを借りるときに、原状回復義務というものをを果たさなくてはいけないという決まりがあることが重要事項説明書をなどに書いてあります。 もし、勝手にリフォームをして借りた時と違う状態にしてしまった場合は、元通りに戻さなくてはいきませんが、元通りに戻せなかった場合は、入居時に新資金の1部から現状回復費用としてお金を引かれてしまいます。