知っておくべきルール

マンションを借りる時には、できるだけ事前にそのメリットやデメリットを知っておく必要があります。 また、同じマンションである分譲マンションと比較した場合どんな点が違うのでしょうか。 まず、賃貸マンションのデメリットについてです。 賃貸マンションのデメリットとして挙げられるのは、勝手にマンションをリフォームしたりリノベーションをしたりすることができないことです。これは、契約をしたときに重要事項説明書というものを渡されますが、その中に「借主の原状回復義務」として書かれていることが多いのです。原状回復義務とは、借主は、賃貸マンションを退去するときには、借りた時の状態に戻さなければならないということです。もし、借りた時の状態に戻さなければ、敷金の一部がそこに充てられます。

このような原状回復義務は、分譲マンションにはありません。 では、賃貸マンションのメリットとはどのようなことが挙げられるでしょうか。 賃貸マンションのメリットは借りる時の初期費用が少なくて済むということです。これは分譲マンションとは随分違う点で、50万円もせずに借りることが可能になります。 また、家賃の上がり下がりが地価の影響をほとんど受けない点です。 地価自体はバブルの頃に比べると都心部では3分の1、それ以外の地方都市や郊外などでは2分の1に下落していますが、マンションの家賃自体はそれほど変わっていないのです。逆に言えば、これから地価が上昇したとしても家賃は変わらないということなのです。分譲マンションはこの影響をもろに受けるため、注意が必要です。